実際に購入が発生した日とEC Boosterで購入が計測されている日付が違うのはなぜ?EC Boosterの購入計測のロジックについて

 ネットで商品購入イメージ

こんにちは。EC Boosterサポートチームです。

皆様の中で、EC Boosterをご利用中にこのように感じられたことがある方もいらっしゃるのではでしょうか?
「あれ?昨日発生した購入が、EC Booster上だと3日前の購入として表示されているぞ?何かEC Boosterが間違っているかもしれない」

EC Boosterのサポート窓口には、このようなお問い合わせをいただくことがたまにあります。
実はEC Boosterが間違っているわけではありません。

なぜこのようなズレが起きているのか?どう評価すべきなのか?について詳しくご説明します!

なぜ購入が計測されている日付がずれているのか

結論から言うと、ズレが発生している原因は、購入を行ったユーザーが3日前にEC Boosterの広告をクリックしたもののそのタイミングでは商品を買わず、検討を重ねた結果昨日購入を行ったからです。
EC Boosterの管理画面上では「クリックが発生し、購入発生に影響を与えた日」として3日前のクリックに対して購入がついている形となっています。

 検討期間画像

EC BoosterではGoogle純正の広告の計測ロジックに準拠し、クリック後30日以内の購入についてはEC Booster経由での購入としてカウントしております。
※専門用語でアトリビューションと言います。

ECサイトに訪れたユーザーが全員そのタイミングで商品を購入することはありません。
大手広告配信媒体であるCriteoが発表した内容によると、サイト来訪ユーザーのうち98%は商品を購入せずにサイトを離脱しています。ECサイトで商品を購入するのに数日の検討を行うことはみなさんもユーザーとして体験したことがあるのではないでしょうか。

どのように評価すべきなのか

上記のようにユーザーは広告に接触してすぐ購入にいたるというわけではありませんので、Googleを始めとする広告媒体では中期的な視点で購入者数を増やしていくことができるように広告配信を行っています。そのため広告経由の購入の計測についても中期的に購入やサイト活性化につながっているか、という形で評価をしていただければと考えています。
EC Boosterをご利用いただいている中で、貴重なご予算をご利用いただいているので「すぐに広告成果がでないので停止してしまおう!」と判断したくなりますが、そこをぐっとこらえていただき、中長期的にEC Boosterがサイトの流入や売上に影響を与えているか、という形で判断いただければと思います。
実際に中長期的に広告を配信していただくことで高い成果を感じられているお客様も多くいらっしゃいます。

3回チャレンジして諦めていたGoogleショッピング広告で成果を出せたワケ - ペット用品ECサイトによる広告運用自動化ツールの活用事例
最初は獲得単価がやや高く広告成果を心配して注視していましたが、徐々に獲得単価が低下していきました。
日々レポートを確認して、EC Boosterが行っている自動最適化は伊達ではないなと感じています。
今では、本当にこんなにクリックが発生しているのかな?こんなに売上が発生しているのかな!?と信じられないくらいの数値まで改善しています。

日付のずれが発生している原因についてご理解いただけましたでしょうか。何かEC Boosterのパフォーマンスデータで分からないことがありましたら、どうぞお気軽にサポート窓口( support@ecbooster.jp )までお問い合わせください。

EC Booster Admin