Google Analyticsを活用して売上増加!Googleショッピング広告の集客力を売上に変えるヒントをご紹介

EC Booster提供における想い アイキャッチ

Googleショッピング広告はECサイトの集客強化に最適な広告配信手法ですが、ただ集客しただけでは売上増加にはつながりません。

これはGoogleショッピング広告に限らず、全ての集客施策に言えることですね。

Googleショッピング広告を手間も時間もかけずに配信可能なEC Boosterは本来、集客強化のための広告運用自動化ツールです。

そのため、商品を購入するまでの各ステップでユーザーが不快に感じたり魅力を理解できない場合、売上を増やすことは難しくなります。

しかし、EC Boosterを提供している弊社フィードフォースでは、長年データフィード関連事業やソーシャルログインサービスの提供を通じて、ECサイトの集客強化と売上増加に貢献してきました。

この経験から、ECサイトの売上増加のために重要なポイントをご紹介することが可能です。

本記事では、集客強化を売上増加につなげるヒントを、いくつかご紹介させていただきます。

本記事を読んで、EC Boosterの強力な集客を売上増加につなげていただけるECサイト様が増えると嬉しいです!

EC Boosterの集客はGoogle Analyticsでどのように計測されるか

サイトを改善し商品の購入率を改善していくために重要なのがGoogle Analyticsです。

EC Boosterでの集客はGoogle Analytics上で下記のように分類されています。

  • 参照元 = google

  • メディア = cpc

  • キャンペーン = ecbooster

GoogleAnalyticsの左カラムの中に集客という項目があるかと思います。

そちらをクリックしていただくと、集客のどのような切り口でデータを確認するのか選べます。

例えば参照元とメディアのデータはこのように表示されます。

ga_1.png

集客>すべてのトラフィック>参照元/メディアという項目をクリックすると、こちらのキャプチャのように参照元とメディア別のデータが確認できます。

EC Boosterであればgoogle/cpcという項目が該当します。

ただし、google/cpcには、Googleのすべての広告の値が含まれてしまいます。

テキストやバナーなどの広告を配信されている方もいらっしゃるかと思いますので、EC Boosterとそれ以外の広告とで、データを分割して確認する必要があります。

EC Boosterのみのデータに分割するためには、こちらのキャプチャのようにセカンダリディメンションというものを設定することで可能となります。

設定方法は、まず集客>すべてのトラフィック>参照元/メディアとクリックしたのち、セカンダリディメンションというボタンをクリックしてください。

クリックすると選択肢がたくさん表示されますので、その中から広告>キャンペーンを選んでください。

ga_2.png

選択するとこちらのキャプチャのように表示されます。

google/cpcのなかに複数存在するキャンペーンについて、それぞれの数値が確認できます。

どの流入経路だとユーザーは購入しやすいのか、あるいはサイト内を回遊しやすいのか、など確認してみましょう。

また、上記ご紹介したような参照元・メディア・キャンペーン以外にも、GoogleAnalyticsでは多様なデータが確認可能となります。

各種データについて、セカンダリディメンションに広告>キャンペーンを設定することで、EC Boosterの値を確認することが可能となります。

気になるデータがある場合は、ぜひEC Booster経由での集客がどのような状況にあるのか確認してみてください!

EC Booster経由の集客データをより詳細に確認するには

EC Boosterのユーザーセグメントを設定することで、EC Boosterのみのデータを確認することも可能です。

これにより、より詳細にEC Booster経由での集客データを確認することができますので、興味のある方はぜひ下記ご覧になってください。

画面上部に、こちらのキャプチャのような表示があるかと思います。

ga_3.png

赤枠の部分をクリックしてみてください。

ユーザーセグメントを選択する画面が開きますので、左上の「+新しいセグメント」というボタンをクリックしてください。

こちらのキャプチャの画面が開くかと思います。

ga_4.png

キャプチャの通り、条件として広告>キャンペーン、含む、ecboosterと設定してセグメント名をつけて保存していただくことで、EC Booster経由で流入したユーザーのセグメントを作成することができます。

ga_5.png

作成したセグメントを選択画面から選択することで、EC Booster経由での流入のデータのみを確認することが可能になります。

こちらのキャプチャのように、EC Booster経由として作成したユーザーセグメントが上部に表示されていれば設定完了です。

ga_6.png

この状態であれば、表示されるデータは常にEC Booster経由で集客したユーザーのデータとなります。

左カラムから集客や行動など、確認したいデータをクリックして、EC Boosterでの集客データの詳細を確認してみましょう!

EC Boosterの集客を売上につなげるアイデア

ここまではEC Booster経由での流入データの基本的な確認方法をご紹介いたしました。

続いて、EC Booster経由での流入データをいかに売上につなげるか、というアイデアをご紹介させていただきます。

各ショップ様が一番気になる部分かと思いますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

どの商品が売れる?売れない? ランディングページで購入率を確認しよう!

EC Boosterをご利用中のお客様からお問い合わせいただく質問で多いのが、どの商品が売れやすい/売れにくいのか、またその理由は何なのか、ということです。

GoogleAnalyticsを活用することで、ユーザーがどの商品ページを閲覧するとどういう行動をとるのか、ということを確認できます。

売上を増やしたい商品がある場合は、ぜひGoogleAnalyticsで確認してみましょう。

確認方法としては下記の通りになります。

まず、ユーザーセグメントをEC Booster経由で集客したユーザーのみに絞ります。

次に左カラムから行動>サイトコンテンツ>ランディングページとクリックしてください。

これによって、EC Boosterで集客したユーザーが、どのページに流入した時に購入しているのか、またページ上でどういった行動をとっているのか、といったことが確認可能です。

最も重要なのは売れている商品と売れていない商品の違いを確認することです。

主に見るべき指標としてはコンバージョン率と目標の完了数になります。

おそらく商品ごとに大きく異なる数値が確認できるはずです。

売れている商品と売れていない商品について、確認すべきポイントとしては下記が挙げられます。

  • 商品タイトルはわかりやすいか

  • 商品説明は十分か

  • 商品画像は魅力が伝わりやすいか

  • 競合より魅力的な商品か(商品タイトル、商品説明、商品画像、価格、送料、発送方法など)

上記のような観点で調査してみてください。

売上を増やすためのヒントが見つかるはずです。

もし改善の方向性に悩んだら、こちらのコラムも一緒にご覧いただければと思います。

商品タイトルで競合と差をつける!Googleショッピング広告で売り上げを増加させるために必要なこと

Googleショッピング広告に「映える」画像作りのコツ 魅力的な商品画像で売上アップ!

ECサイトの売上を増やすためにサイトを改善しましょう!

ここまでで、簡単にGAを用いてECサイトの売上を増やすための確認事項をご紹介いたしました。

ただし、Google Analyticsのデータを確認するだけでは売上は増えません。

ぜひEC Boosterをご利用中のお客様には、集客データを活用したサイト改善に取り組んでいただければと思います。

EC Booster Admin